嬉しいとか楽しいとか恋しいとかそういうの全部

V6とSexyZone沼でゆらゆら流れつつ赤い薔薇に誓っています 

24歳中島健人のここが最高24選

中島健人くん25歳のお誕生日おめでとうございます!!!!
お誕生日は3月13日だけど3月中は健人くんおめでとう期間なのでお誕生日おめでとう記事を書きます!!!遅刻です!!!!!

 

中島健人ってともかくセクシーで有名で世間一般ではあのゴチとかのセクシーの人(笑)呼ばわりされたりしているあの中島健人です。

実際のところセクシーと呼ぶほかない顔声体を持っており、それだけにとどまらず何事にも全力をもって望む黄金の精神こそが最高に美しい、叶姉妹もびっくりなセクシーファビュラスグッドルッキングガイな中島健人です。
そんな中島健人さんがこの世に生まれてから四半世紀がたつそうです。なんてすばらしい世界。

中島健人24歳」の響きには青年期の美しさのピークを感じていたけど「中島健人25歳」の響きもいいよね。男性としての妖艶さが見え始めてる。まあ多分「中島健人12歳」も「中島健人56歳」も「中島健人83歳」なんでも好きなんですけどね!!!

10代の儚さを越えて20代に入り半ばを迎えた健人くんの美しさは留まるところを知りません。人生経験を着実に積み重ねながらも慢心せずに目標を更新しながら高みを目指す姿が素晴らしい。見るたびにかわいい綺麗かっこいいの最高値を更新していく。好き。
こんなん健人くんが30代に入ったらどうなっちゃうんですかね。多分色気で人を殺せると思う。未来に希望しかないな。

そんな24歳中島健人のここが最高24選をあげて25歳の中島健人を祝いたいと思います。
1年間幸せをくれてありがとう24歳の健人くん!!

 

1、24歳最初のKTTを更新する中島健人

もう好き。24歳の初っ端から好き。
個人ブログのKenTeaTimeを毎日更新してくれているだけでも最高なのに自分の誕生日に更新が313回目になるように調整してくれて1日に何回か記事を連投してくれちゃってるんです。好きです。計画性と実行力が最高。

さらに2018年に入ってジャニーズWeb内の顔写真が解禁されたので誕生日に向けて顔をちょっとずつ隠した写真を載せてくれて、誕生日当日にお顔解禁っていう。自己演出力!!!生粋のエンターテイナー!!!*1健人くんの誕生日までの毎日が楽しかった。祝われるべき人なのにこっちを楽しませてくれちゃってどうするんだ…好き…。

更新された内容もまた誕生日を祝っている私たちに感謝をくれる優しさ、両親への素直な感謝の気持ちがつづられていてもう本当に素敵な人を推すことができて私は幸せです。生きてるの楽しい。

2、冠番組で命のきらめきを見せた中島健人

24時間テレビ前に3回にわたって放送された「SexyZoneの3日間で人生は変わるのか」まず自分たちの冠番組ということで「Sexy冠」のハッシュタグを自ら作る発信力。番組名長いもんね。SNSを理解して時代の流れを見逃さない力がすごい。仕事のできる男。

番組内の健人くんも素晴らしかったですね。特に第1弾のバク転の挑戦は涙なしに見られない。3日間どころか実質6時間くらいしか練習できなくてすごく緊張してただろうに台宙の階段に向かいながら歓声を手で煽るとこが好き。
健人くんのかっこよさって見た目言動ももちろんなんだけどそこに留まらないんだよね…その心の強さからすべて生まれている…好き…。

バレエもバク転もマンガも与えられた内容をこなしてクリア!ってなるのではなくその先の心構え覚悟など自分の答えを得るのが素敵なんだよね~。これはセクゾみんなに言えることだけど!!5人みんな不器用だけど誠実なんですよね。推すしかない。

3、イノセント代表中島健人

もしかして:天使
イノセントデイズ初回B版の特典に収録された「イノセントな心で謎を解け!Sexy Zone質問王 〜最もSexy Innocentな男は誰だ!?〜」*2で軽いドッキリ企画があったんですけどそちらの中島健人さんね…これ紛れもなく天使なんですよね…。

目の前でスタッフがばらまいた小銭を拾うでしょうか?っていう内容でなっっっがい脚曲げて一緒にそれを拾う姿もSoCuteなんですけどその後にふつーに通りすがった一般のおばあちゃんに会釈してる姿がものすごい好き…。
なんなの…どうすればいいのこの気持ち…。孫にしたい…。

4、4月7日らじらーでアカペラを歌う中島健人

中山美穂さんの「世界中の誰よりきっと」を生放送のラジオでアカペラで披露してくれる健人くん。泣いちゃう。歌声とそのサービス精神が好きです。
世界中の誰よりきっと熱い夢見てたから」って歌詞がね~似合うよね~!!!!!

さらにMステでもカラオケで十八番にしていることが明かされていました。ドラマの打ち上げを「世界中の誰より…幸せでした!」って締める座長かわいすぎないか?世界中の誰よりヒロインじゃん????

5、ワクワク学校で全力のキャラを出す中島健人

ドームのど真ん中でスイーツをカメラに向かってあーんするっていう場面があったんですけどね。
嵐先輩のホームだからってちょっと遠慮しつつもやっちゃって!って言われた途端に全力の中島健人で挑んでくる姿かっこいいです。アウェイでも会場を沸かせてみせる中島健人好き。沸いてくれる嵐パイセン(特に櫻井の兄貴)も好き。
私が行った日にはシュークリーム食べてたんですけどすんごいかわいかった。
一瞬ごとに表情が変わる。かわいい。甘いもの食べてきゃは―って笑ってんのかわいい。無垢。いくらでも食べさせたい。

6、コンサートで自己トレンドの発信をかかさない中島健人

Sexy Zone 2018 XYZ=Repainting tourでキラキラアイシャドウを付けて会場を沸かせる健人くん、突然ヘアバンドを付けて出てきて会場をざわつかせる健人くんを私は忘れない。

アイシャドウ文句なしに似合ってて大好き。えっちなお姉さん感がマシマシになる。健人くんは過剰なまでの装飾がお似合いになるね…。今年のツアーでもメイクしちゃっててほしいです。

ヘアバンドは札幌初日での初登場へのざわめきが忘れられない。えっ健人くん髪どうなって、えっヘアバンド?ヘアバンド付けてる???
結局毎公演つけて「今日のヘアバンドは黒!」「今日は赤!」「おそらく全4種!」などのレポが上がるまでのコンテンツにしてしまった健人くん強い。好き。
すごいよね。あんなん健人くんじゃなかったら普通に談志師匠にしかなれないからね。

7、リぺコン以降各所で「ポンポォンッ」という奇声を発する中島健人

どこから始まったブームなのかはわからないけどラジオやゴチなど各所で健人くんの「ポンポォンッ」が聞けたこと幸せに思います。ポンポンってなに。わからない。どのような意味を持つ掛け声なのか私にはわからないけど健人くんが楽しそうな時に発しているということだけわかれば十分です。

その他にもリぺコンは掛け声が豊富で楽しかった。レディダイのチョチョイのチョイのセイセイのセイが頭から離れない。


8、足の長さとハートで優勝する中島健人

日テレ春のいろいろ大集合する特番でカリフラワー競争の予選から棒の上でのボクシング(?)トーナメントにて優勝してる中島健人がすごい中島健人でした。
カリフラワー拾うのがまずすごいあわただしいかわいい。競争ごとでは割となりふり構わないとこ好きです。闘争心ごりごりに出していこうな。こういうの見てると健人くんは急いでるときに長い脚を持て余し気味だなあと思います。それを含めてかわいいね。

そしてボクシングになるんだけど女性にはハート、先輩にはエグイ足の長さで勝ちました。村上佳菜子さんとの対戦では女性には攻撃できないといった信条を崩さないままにハートで落として勝った。世界平和。
そしてその後八乙女くんとの対戦では棒にぶら下がって耐久勝負状態になった結果、足の長さにより棒をがっちりホールドして八乙女くんを棒から落とすことに成功。2つ合わせて勝ち方が中島健人らしすぎる。

9、24時間テレビ中島健人

24時間テレビでは文字通り一皮むけたというか新しい一歩を踏み出したんだなあって言うのが目に見えて感じられました。好き。
石ノ森章太郎物語は本当によかった。健人くんの演技で一番好きかもしれない。
全人類見てほしいドラマ。押しつけがましくなく愛を感じさせてくれたドラマでした。
それとSexyZoneとしての最後の挨拶で健人くんが泣きながらまっすぐ愛を伝えてくれて、SexyZoneは5人全員で輝いていて、こんなアイドル推すしかない…。SexyZoneは世界を救える…。

それと、健人くんが役柄としてではあるけど「愛される人は愛を返している人ですよ」って言葉をもらっていたのが嬉しかったです。健人くんは愛をたくさん返してくれるからもっともっと愛されていてほしいんだよ。健人くんが誰より愛に溢れている人だって言うことを証明するためにもっともっと愛されててほしい。

10、体形管理がうますぎる中島健人

いやまあ役に合わせた努力を当たり前って言われたらそうかもしれないけどやっぱりすごい。健人くんすんごい痩せたわ…。ニセコイの「もやし男」の役柄のためなんですけど。春コンでみるみる痩せていくのがわかった。お肉大好きなのにツアー中控えてたらしいです。健気。
ついでにここで体重絞ったのを経てまた一段階美しさが増した気がする。健人くんの美しさはどこまで行っちゃうんだ…。

そしてニセコイでは漫画愛をほとばしらせて台本に原作漫画をコピーしてシーンごとに1コマ1コマ貼ってとんでもない分厚さになっていたらしい。マメ。
実際ニセコイ正直どんな出来になるのかひやひやしてたんだけどめちゃくちゃ良質なラブコメだった。健人くんのラブコメは健人くんがそのラブコメディの世界、ひいてはヒロインを愛していることが伝わってくる。今度は学生ではなくちょっと大人向けのラブコメをやってみてほしいです。

11、ゴチ新メンバーになった中島健人

がんがんぶっこんで岡村さんとの対立関係(?)をしっかり構築した健人くんはすごい。健人くんにはアウェイでこそ光り輝く部分がある。
6月、健人くんはゴチ加入してから無敗のまま代役として風磨くんが出た回がありました。そうですゴチノートです。

cy-76md.hatenablog.com

これです。
ゴチノートわざわざ手作りして風磨くんに渡す健人くんというふまけん案件愛しすぎてぶっ倒れそうになるんですけど、それとは別に普通にゴチで戦うときに気を付けるべき内容がしっかりしててびっくりした。ゴチってこんなに傾向と対策練って勝ちに行ってたんだね…。常に一生懸命な健人くんが好きです。

 

12、ゴチのメンバーとして馴染み始めた中島健人

最初は既存メンバーとお互い探り探りなSexyキャラみたいな感じだったけど、度胸があってたまにポンコツなかわいい子だってことがだんだんバレてきました。
最終回では車からスタイリッシュに飛び降りようとした際足が引っかかってダバダバしてる場面を延々流していじられていましたね。ゴチ側がわかってきた感ある。
ゴチ公式の予告ツイート見てると健人くんの姫要素がばれてきたなと思います。そうです健人くんは王子であり姫。

13、「妄想王子」の中島健人

荘苑10月号に載ってた健人くんです。いろんな人に提供された世界観に沿って「妄想王子」っていうテーマのお写真だったんだけどすごい好きだった。
健人くんのすごいとこはあれだけ強烈な世界観を持ってて自我が強いのに柔軟なとこなんだよね〜!!
だからこの装苑の「妄想王子」は世界観に埋もれるわけでなく世界観を消すわけでなく中島健人個人も世界観も活かすことができるので大変に適役だったんじゃないかな!!!

テキストも素敵でした。「時代はパステルを求めてるけど色の濃いスターを目指していきたい」ってお話を健人くんがしていて。
色の濃いスターの素養があって今まさに色濃く突き進んでるけど時代の流れからパステルカラーの需要もわかってて自分に取り込もうとする健人くんの視野の広さと分析力尊敬しかないです。一人間として尊敬する。

健人くんって見た目も中身も最高の素材だよね 装飾しなくても美しいけどどれだけ濃い味付けしても素材の味が負けないからガンガンやっちゃって欲しい。

14、MステSPの曲中でで敬老の日アピールする中島健人

敬老の日のSPでした。SexyZoneはぎゅっとを歌っていました。間奏で中島健人
「おじいちゃんおばあちゃんSexy Thank you!」
と高らかに叫びました。

えっっここでそれ!???
ちゃんと敬老の日を忘れない健人くんかわいい。孫にしたい。

あと普通にこの回のぎゅっとがメンバー間のきゃっきゃ成分強くてとてもかわいかった。好き。

 

15、ドロ刑で斑目勉という役柄を演じてあざとさを身に着ける中島健人

もとから美少女要素は多分に持ってたんだけどもう斑目くんっていう天下無敵のわんこ系小悪魔ヒロインの役を演じたことで開花したよね。

ケムさん(遠藤憲一さん)といちゃいちゃきゃっきゃする斑目くん。顔がいいあざといアホ太郎キャバ嬢(公式)ほとんど毎週酔っぱらうしおじさんにかわいがられるし一休さんヒトカラで歌うしそのくせ犯人を追い詰めるときはかっこいい。最終的には慈愛に満ちた聖母になってた。なんなんだ斑目くん。貢ぎたい。

顔の良さでいろいろごまかそうとするっていうムーブを自担がしてくれる幸せって何なんですかね…。私の好きな顔を私の好きな人が肯定してくれてるのが嬉しいのかな。いろんな人に顔がいいって言われててほしいし自分でも顔がいいって言ってほしい。顔が好きです。

16、おじさんキラーの異名をほしいままにする中島健人

東山紀之様をはじめとして河合俊一さんややっくんにかわいがられている健人くん。ドロ刑を経てエンケンさんともきゃっきゃしてたし先日ドロ刑で共演した好楽さんとも仲良くしていることが明らかに。
ジャニ界、スポーツ界、俳優界、落語界のおじを落とした健人くんに落とせないおじはいないのでは。

ハロウィンにはエンケンさんや中村倫也さんのTwitterからお菓子(多分自分で詰め合わせたもの)を配っていたことが判明。トリックオアトリートって言いながらお菓子を配っていたらしいけどそういう行事ではない。
裏側の健人くんが演者さんのTwitterから漏れ出すのかわいい。そんな子おじさんに限らず大好きになっちゃうよな…。
ちなみに仮面ライダーのパジャマみたいなの着てたKTTのお写真はなかじまけんとくん(5)って感じだった。あんな子がトリックオアトリートってやってきたら誘拐されても仕方ないと思う。気を付けてほしい。

17、ラーメン屋でめっちゃ食べてる中島健人

9月ドロ刑前のテレビ誌のお話。
「ラーメン屋さんでラーメンとスタミナ丼大盛と餃子を頼んだら餃子だけ出てくるのが遅かったけど店員さん一生懸命だったから許した」って話なんだけど、一人でラーメン屋に行ってラーメンとスタミナ丼大盛りと餃子頼んだ情報で一回脳が止まる。めっちゃ食べるな!???

中島健人のような麗しい人間がラーメン屋に1人で入ってきてラーメンスタミナ丼大盛り餃子頼んでるとこ目撃したらそれだけで恋に落ちちゃう。ギャップすごい。

18、マリウスの第一印象を聖書の一節のごとき表現で語る中島健人

2018年12月のらじらーで突然投下されたマリウス天使論。
メンバーの第一印象に「初めて出会った時は天使だった、羽を少しもがせてもらえないかなと思った」って答える人います?いました中島健人でした。
マリウスが天使なのはそれはもうほんとその通りなんだけど表現力がとてつもない。オタクの語彙力では及びもつかない。聖書の一節か???

そして中々の熱量で語ってた健人くんを思うと改めて健マリの関係性とビジュアルの絶妙さがたまらん…。昔の健マリは本当に聖母と天使って感じなんだけど今はだんだん二人で下界見学に慣れてきたのかなって感じで不思議な世界観を繰り広げている。立川のブッダとイエスくらいになってきた。ツッコミ不在で突っ走る健マリラジオ大好き。永遠に聞ける。

19、なんだかんだ人見知り中島健人

12月の火曜サプライズアポなし旅での健人くん。
アポ取りで見えるひとりっこ人見知りの血。かわいい。お店におどおどしながら入っていってわたわたとアポを取る。頑張ってる。か、かわいい…。どんな人にもSexyぶっこめるのにしっかりアポ取りしなきゃってなると緊張しちゃうのかな…真面目な子だからね…。

DAIGOさんと共に健人くんを微笑ましく見守っているとはじめてのおつかいを見てる気持ちになりました。
しかし入ったお店でカニを食べる姿はとんでもなくSexy。セクシーなのキュートなのどっちも好きだよ!!!!

 

20、おじいちゃんおばあちゃんに年賀状その場で書いちゃう中島健人

2019年のお正月は忙しくておじいちゃんおばあちゃんのお家で年賀状書いて直接あげたらしいです。かわいい…。天下のセクシー王子中島健人さんかわいい…。愛しい…。
郵便番号は『〒ナカジマ―ケント』で、差出人は『孫 健人より』です。かわいい。

書いたついでに多分これ面白いなって思ったんでしょうね。ちゃんと番組で見せるように年賀状と共におばあちゃん家で決め顔自撮りしてるところが好き。孫として最高に可愛いだけでは飽き足らずアイドルとしてもぬかりない。

21、2019年もデュエリスト中島健人

新年1発目けんしょりらじらーでのぼうずめくり。だんだんヒートアップしてデュエリストの血が騒ぎだす健人くん。

(o'ω'o)お前の負けだ、勝利ィ…

(o'ω'o)俺は、続いて、紀貫之を攻撃表示。光孝天皇をリバースカードとしてセット。そして、皇嘉門院別当を守備表示でセット。ターン終了だ

(☆u∂)遊戯王じゃねぇんだよ!!

百人一首を用いた淀みなきデュエル…健人くんがご自身のええ声を存分に活かして宣言しているののを聞いているともしかして今聞いてるのってらじらーじゃなくて遊☆戯☆王…?という錯覚に陥りそうにもなるがセクゾのツッコミ隊長勝利くんの軽やかなツッコミで事なきを得ました。

健人くんの声めっちゃ幅広いよね。ぼうずめくりの健人くんは限りなく海馬社長だった。津田健次郎発声だった。(※後に櫻井孝宏になります)

 

22、モノマネにクオリティの高さを発揮する中島健人

 

何を隠そう私は中島健人モノマネ落ちと言っても過言ではない中島健人担です。

1番最初にこの人やばいな…?って意識に残ったのが2016年嵐にしやがれ出演時の小栗旬、伊野尾慧、織田裕二のモノマネ3連発だったので…。キラキラ系アイドルがガチでクオリティ高いモノマネをきっちりひとネタ仕上げてくるなんて思わないじゃない…。

2019年一発目に降臨した健人くんのモノマネはアンミカさんでした。
らじらーワガママLADY企画でマリウス演じるパリコレに行きたいお嬢様に対して突然出現した健人くんの心の中のアンミカ。

(o'ω'o)あんなぁ、パリコレに出るには相当な努力が必要やねん 

(* '-')めっちゃ似てたねwww

声色幅広すぎる。そして言いそうだし関西弁のイントネーションも上手。耳がいいんでしょうね…。そんでちゃんといろんな人の特徴をしっかり心に刻みながら生きてるんだね…健人くんのモノマネの裏には愛があります。

 

23、よしこの妄想を真っ向から迎え撃つ中島健人


これはもう中島健人の真骨頂。わがまマンガという企画を中島健人に与えてくれてSTY。あと中島健人(cv.櫻井孝宏)をこの世に生み出してくれたことにもSTY。中島健人(cv.櫻井孝宏)という字面の与えたSNSへの衝撃の強さ(丸1日くらい「ケンティーTwitterのトレンド入りしてた)によって中島健人という存在のキャラクター性がすっかり根付いていることを再認識させられる。すごい男を好きになったものです…。

ガンバレル—ヤよしこの妄想少女漫画をvomic状態で延々見せられる中島健人がかわいい。照れてると同時にしっかり感情移入して見て楽しんでるのがかわいい。
そして出てきた感想が「共感できた」「俺のこと見てくれてる」ですよ。こんな最高なアイドルいるかよ…いたわ中島健人だわ…。妄想を受け入れるどころか一緒に楽しんでくれるなんてそんなことあっていいのか…。

その後のよしこのご要望である「足の間に座って髪を乾かす」も楽しくやってむしろ要求を越えてくる。自ら顔を寄せてくる。強い。よしこが乙女になってる。かわいい。

健人くんって目の前の人を利用して視聴者だったりの第三者を楽しませようとするのではなく常に目の前の人を楽しませようとしてその結果みんなを幸せにするところが好き。世界中を幸せにできる男。

24、砂の器出演が決定した中島健人

わがまマンガでトレンドを席巻した次の日に砂の器出演で界隈をざわつかせてくる。ギャップに頭が追い付かない。
18歳のころに雑誌で「砂の器の和賀英良を演じたい」と言っていた健人くんが25歳でその夢を掴んでいるのすごくない!!?????有言実行!!!夢を見せてくれる!!!!!

健人くんは数々のドラマや映画に出演してきたけど、砂の器はやっぱりこれまでの演じた作品とは一線を画したものです。何度も何度も映像化されてきた作品で、それだけ込められた思いも重圧もある。

これまでの中島健人のイメージってどうしても若者向けのラブストーリー、少女漫画の実写化俳優みたいなところがあったと思う。そんなイメージとは真逆ともいえるような重厚な過去を背負った役、物語のカギを握る役が健人くんに与えられたのは、今までどんな役のどんな作品も全身全霊で挑んできた結果です。
今までのめりこんで演じてきた役柄、昔から続けてきて自分の武器にしたピアノ、 やりたいことを怖がらずに口にする勇気、これまで続けてきた全部が健人くんの新しい一歩に繋がっている。

健人くんの進む道を追いかけて応援できる世界ありがたい。生きるの超楽しい。健人くん見てたら人生頑張れる。ありがとう健人くん。Sexy Thank you forever。

 

以上、24歳中島健人のここが最高24選でした。

全然選びきれなかった。勢いで書いたからまた後日24選してみろって言われたらまた違う24個挙げてしまうと思う。とにかく中島健人は最高なんですよ。

健人くんがアイドルで良かった~~~!!!こんな素敵な人に出会える世界ありがとう!!健人くん見てたらシンプルに元気が出る!!健人くんのこと好きになれて人生がこれまでの3倍くらい楽しい!!!

25歳の健人くんの前にも健人くんの望む道が拓かれていくはずです。これからも応援させてください。

去年も今年も来年もずっとずっと健人くんが幸せでありますように!

*1:昨日もディズニーの公式番組でのMC決まってたけど健人くんとミッキーの親和性は高いですね。

*2:タイトルすごいねこれ

アイドルファンって業が深い

アイドルはファンにたくさんの素敵なものをくれるというのに、ファンというものはいつも理不尽なことをアイドルに強いているなあ。と思います。

考えても仕方ないことなんだけど最近もやっと考えている。
・友人に「ファンの鑑だね、正しいね」って言われたこと
・去年の末(からもしかしたら今現在も)#KTTタグが荒れたこと
がきっかけ。

私は好きなアイドルがアイドルとしてテレビに出てステージに立ってくれたらもうあとは何でも良くて、熱愛が出たり結婚してもいいの?って友人に聞かれた時にも、寂しいとは思うけどまあそれによって健全にアイドル活動してくれるならありがたいから普通に幸せになってほしいなあ。と答えた。
悲しい心もないとは言わないけど幸せでいてくれればいいかなと思う。
それで、ファンの鑑だね正しいねって言葉か返ってきたんだけど、正しいって何なんだろう。

私がアイドルに対して望む幸せは、
アイドルとしての仕事を充実させながら私生活で満たされてくれること であって、
もしも彼が望む幸せがアイドルとしての姿を放り出して適当に生きていく、
みたいなことだとしたら祝福できないと思った。
逆にアイドルに心を注ぎすぎて私生活や健康に害を及ぼすのも悲しいと思う。わがまま。

結局私が望む姿でいてほしいだけで、幸せになってほしいと言いながらただエゴを押しつけてるのかなあ。


そしてKTTタグの騒ぎがあった。
KTTに関してはあの騒ぎが本当に気持ち悪くて蒸し返したくない…とも思いつつ書いちゃう。消化のため。

KTTは、健人くんが毎日更新しているKenTeaTimeというブログにつけていたハッシュタグで、#KTTでエゴサしていることをほぼ公言していた。KTTはラブレターだとも言ってくれた。健人くんが自分のブログとファンとのつながりとして作ってくれたタグだった。

映画の番宣で共演女優さんの名前を呼び捨てにしたとかバラエティでの距離感とか雑誌でのコメントとか細々したところをつついて騒いだ人がいて、健人くんが見るというKTTのタグをつけて健人くんを非難していた。ものすごく気持ち悪かった。
確かなことなんてないのに、本当の事なんて誰にもわかるはずないのに健人くんの心の中身を決めつけて騒ぐ人たちが本当に気持ち悪かった。
それが原因かはわからないけれど今KenTeaTimeに#KTTはついていない。

私はアイドルのエゴサーチには反対派の人間です。
不特定多数の人の声を目にして取り入れてぶれてしまう姿なんて見たくないから。
だから最初健人くんがタグをつけたこともネット上のことに反応することもちょっと嫌だった。ごめんね。

でも1年以上毎日#KTTを更新して浸透させて、単なるエゴサーチではなく自分のブログを読むファンの声を拾えるタグにしてしまったことは素直にすごいと思っていた。
ストレートにファンに反応を求める文章にはこたえたいなって思えたし、健人くんがスライドして見るであろう文字列の中に私の言葉も入るなら嬉しいと思った。
それなのに結果として健人くんの優しさに甘えるファンが生まれてしまったんだなあ。
難しいですね。この件に関してのむかつきを書くと収まらないので本題に戻ります。

このKTTタグでわざわざ自分の好きという気持ちを振りかざして健人くんを責める人たちは、健人くんの何が好きだったんだろう、と思った。
確証がないことに腹を立てているっていうことも不思議だったけど、
それと別に、自分の望む姿から少し離れたと感じただけでここまで人を責められるものなのかなって。

健人くんの事人間だって知らなかったのかな。
都合のいいアイドルのプログラムか何かだと思っていたのかな。運営に文句言ったら方針変わると思ってるのかな。いや配信プログラムだとしても自分の好みじゃないって公式に文句つけるのはどうかと思うけど。

でもこれって突き詰めたら私も同じなのだろうか。
ただただ自分の望むままの姿でいてくれと思いながら好きだよって言っているのは私もこの人たちも同じなのかな。

 


私はアイドルが好きで、V6とSexy Zoneがとても好きで、中でも自担の三宅健くんと中島健人くんが本当に好きで、
アイドルを全うしてファンに愛情をこれでもかと与えてくれる人たちにいつも笑っていてほしいし出来るだけ悲しまないでほしいし世界中に愛されていてほしいと思うけど、本当に本気で願っているけれど、これは全部私のわがままでしかない。
私が楽しく応援するためにそうならいいなって押し付けている勝手な願いだ。

私は私が幸せであるためにアイドルを見て応援して幸せを願っている。全部全部私のために。
私にとってアイドルはひたすらに趣味であり娯楽だ。人間なのにね。
私は結局彼らを美しく輝かしく楽しいアイドルのコンテンツとして愛している。愛でて消費している。
アイドルのファンって業が深いな!!

多分アイドルを好きでいる限り、好きな人を消費するっていう事実からはきっと私は逃れられない。
基本的にアイドルを見てはかわいい!!世界一かわいい!!って騒いでるけどいやでもきっとここでそんな見られ方は望んでないんだろうな…すまんな…気持ちになることもある。そういう時に、「ああ、私は勝手に彼を消費しているんだな」と感じる。
でも、どう頑張っても純粋に個人を愛するなんてできない。だってただの人間である彼らを私は何も知らないから仕方ないね。
昔バラエティで軽く健くんが言った「みんな虚像なんだから」って言葉はずっと忘れてはいけない気がしている。そりゃそうだよなぁ、人に見られていることを意識する瞬間はみんな虚像を作ろうとするよね。

それでもやっぱり、私は虚像を見せてくれる実像もできるだけ愛していたいと思う。しょせんあなたの上澄みしか知らない人間だけどその上澄みを生んでくれたあなたを好きでいたい。私の知らないところで人間として最高に幸せでいてほしい。



もう何をもって正しい愛し方かなんてわからないし、正しいことなんてきっとないんだなって気がしてきました。
極論私一人の「好き」なんて、あってもなくても向こうにしたらそれほど大きなものではない。それでもきっと受け取ってくれてはいるけど。
だから私の「好き」は決してアイドルのためにあるものではなく自分のためにあるんだってことを忘れてはいけないなと思いました。自戒。

ただ、アイドルでいる事実がある限り、アイドルを名乗ってくれている限りは「自分を見て幸せになる人の存在を望んでいる」と思う。
だからどんなときにもどんなことに対してもアイドルを見て私が幸せを感じることは、それだけは確実に私の望みと彼らの望みが一致していることだって思える。それだけはきっと間違っていないし、ファンにしか叶えられないアイドルの望み。
なので、今日も私は私の幸せのためにアイドルを愛します。

 

ちょっと前に下書きしてた分だけどジメジメしてるから放置してた。
でも最近アイドルに関する物騒な事件があったのでちゃんと考えようかなあと思いちゃんと書いてみました。
行動で、言葉でアイドルを傷つけようとする人たちはいる。身近な人を傷つけることにはためらってもそういうことにはためらわない人間って結構いる。気味が悪いですね。
なんだかんだこのような気持ち悪い人間ってどうしても存在するので運営事務所その他諸々にきっちりアイドルは守られてくれ…。
どうかアイドルが自分勝手な「好き」のために傷つけられることがありませんように。

1発目から暗めのこと書いたけど元気です。

あけましておめでとうございます。
今年も元気にジャニオタします。
よろしくお願いいたします。

松島聡くんの休養について

昨日は職場の友達が仕事中にわざわざふせん渡してネットニュースぶっこんでくれて、慌ててトイレ行って確認して仕事中ちょっと泣いた。

Sexy Zone 松島聡 活動休止 パニック障害
正直最初ニュース見たときめちゃくちゃ不安になったけど、ファンがそんなこと言ってる場合じゃない。
私たちを笑顔にさせるためにアイドルは存在してくれていると思っているので、私はアイドルを見てメソメソしたくはないです。だってファンが悲しむことは絶対に聡ちゃんの本意じゃないもんね。
なので、色々思うことはここに書いて、あとはできるだけ笑顔で聡ちゃんを待ちたいと思います。気持ちの消化のために書いていますのでごちゃごちゃです。

 

パニック障害という病気はよく知らなかったけれど、パニック障害の治療をしていた方のレポ漫画で見た「試験会場で受験票を忘れたなどのような突発的に全身の血の気が引く恐怖が来てしまう」という表現はなんとなくわかりやすいなと思った。
どうしようもない不安がよくわからないタイミングで突発的に襲い掛かってくるの怖さしかない。

個人的には就活時期に家庭のごたごたが被って、毎日不安しかなかった時期、自分がなにしてもどうなることでもないようなことで悩んでしまって眠れなかったり外を歩くのが怖かった。動悸が激しくなって何かしないといけない気がしてでもどうすればいいかわからなくて眠れないことがあったけど、症状としてはその不安感が続いてしまうってことなのかな。
自分のこれはパニック障害ではない(と思う)けれど、体感としてはこんな感じなのかなあと症状を調べてみて思った。

家に居たり布団入ってるときに突然不安になって心臓がバクバクして動けなくて手先が冷えて息が出来なくて涙が出る感じ。自分の気持ちの問題でしかないから自分で落ち着かなきゃって思うんだけどどうにもならなくて余計に焦ってしまう感じ。
私は問題が解決してみたらこういう不安感に襲われることはなくなったけど、いつこの症状が襲ってくるのかわからない状態が継続されると思うと怖い。しかも病名が診断されたとなるとこの比ではない不安が襲ってくるのだろうか。めちゃくちゃこわい。
そんな気持ちと戦いながら笑顔を保っていた聡ちゃんはやっぱり強い人だね。

この1ヶ月での症状の悪化ってことは、24時間テレビっていう大きな仕事を終えて焦りが大きくなってしまったのかなあ。いろいろ調べてしまう聡ちゃんだから、24時間テレビ後のファンの焦燥を汲んでしまって悪化させてしまっていたりするかもしれないなんて思ってしまって辛い。(というか事務所からの声明文の言葉をまろやかにするとエゴサめっちゃ気にしちゃう面もあってその辺の影響もあるよ!って書かれてる風に読み取れて震えた)

聡ちゃんはいつも周りのことを見てくれる人で、考えすぎてしまうところもあると思っている。ちょっと揺らいでそうだなってときとか、そんなに人の言うこと気にしなくていいから!!って言ってあげたくなってしまう場面もあった。今だって申し訳ないとか思わないでほしいんだよ。聡ちゃんが楽しく生きていることが一番だよ。
アイドルが好きな聡ちゃんだからアイドルとしての在り方をたくさん考えてしまうかもしれないし、ファンの目線を持っているからこそファンの声を気にしてしまうのかもしれないけど、極論ファンなんて気にしなくていいから!!!!!

これはアイドルみんなに思っていることなんだけど、
ファンがいるから僕たちがいるんだって言ってくれるの本当に嬉しくて大好きだけど、逆だよ。みんながいてくれるから私たちファンでいられるんだよ。
みんなが輝くから、その輝きに惹かれた私たちがファンになるだけなんだから。私たちが支えているからアイドルでいられるなんておこがましいこと言えない。そんなはずないよ。素敵な人たちがステージに立ってアイドルになってくれるから私たちはそれを応援できて、それで初めてファンになれるんだよ。
言っちゃえばファンなんてみんなの努力の結果でしかないよ。気づいたら周りでキャーキャー言ってるのが増えてた、くらいの認識でいいんだよもう。
ファンのことを想ってくれる聡ちゃん大好きだけど、今は自分の事だけを考えていてほしいなと切に願います。

昨日のベストアーティストでは4人の目が潤んでいるように見えたし、緊張感も伝わってきた。聡ちゃんの状態に対するショックを改めて見てしまった気がしてまた泣けてきたけど、聡ちゃんのことを真剣に受け止めているからこその緊張感なんだよね。
5人で一緒に受け止めて5人で進んでほしいなと思う。
あとエンケンさんの存在に気持ちがほぐれました。笑顔をくれてありがとうエンケンさん…終始楽しそうに踊ってくれるエンケンさん超かわいい…。

最初に書いたけどアイドルは私たちを幸せにしたいと思ってくれている、ということを大前提に応援しているのであまり悲劇みたいに受け取りたくない。みんなの行く先にはハッピーエンドしか待ってないもんね。
不調を抱えてそれを気づかせず立っていた聡ちゃんに気づかなくてごめんねじゃなくて頑張っててくれてありがとうって言いたいし、4人で頑張ってるのを見て寂しいねじゃなくて頼もしいね、5人に戻れるのが待ち遠しいねって笑っていられるようにしていたい。
多分もうちょっと時間はかかるけど、聡ちゃんが帰ってくるまでにファンも強くなれたらいいなと思う。

どうか聡ちゃんがのびのびと戻ってこれる場所としてSexyZoneが在り続けますように。5人のSexyZoneが大好きだよ。

ちなみにこういう文章も聡ちゃんの目には入りませんように…っていうかいろいろシャットアウトできていますように…。そこらのファンの声なんて羽音と一緒だと思ってね。たまにいいこと耳に入ったらラッキーくらいの気持ちでいてね。エゴサはしないでくれよ絶対だぞ!!!
聡ちゃんは聡ちゃんのためを第一に生きて!そのまんまの松島がいいって勝利くんも言ってた!そのまんまの聡ちゃんがみんな大好きだよ!!

健くん一生笑っててほしい(二十日鼠と人間感想)

2018/10/06 二十日鼠と人間 東京グローブ座

見てきました。健くんのお芝居見るのはじめて。
ひたすら舞台の感想を書いたらめっちゃ長くなりました。

ラブリーベイベー、ULTRAPURE、SomeGirl(s)などなどを見てこなかった罪は消えないけれども*1念願は果たしました!!見てよかった!!!

初グローブ座でしたが行きやすかったです。
新大久保駅から5分くらいのところにありました。18時からの回で早めに行ったので人の波をたどったらすぐわかった。
健くんの特大ポスターめっちゃ高まります。
まわりには特に何もなかったので開場までの時間ひたすら角度を変えて健くんのポスターを撮り続けました。
あと、話題のアクリルスタンドを三宅健で手に入れることができるとは思わなかったよ!!!意味わからんくらいかわいいぞ!!!!!!
今度ディズニー行ったら絶対チプデとか背景のアクスタ買う。並べる。


そしてお席が奇跡の1回2列目真ん中らへんでね!!!
健くん最初出てきた時声出さないように必死。めちゃめちゃ手を握りしめた。
もうねえ…すごい…すごい見える…。やばい…。
座った時点でちっか!!ってなって前方1列目中央くらいのお席の方々も同じような顔してて目合わせて「…!…!!!」みたいな声にならない会話をした。
ね、やばいよね。言葉がなくても通じ合った。
 
ネタバレしない範囲での感想は

・グローブ座狭い!!近い!!!2階席でもオペラグラスなしでいけるんじゃないかな?

三宅健がまじできれい。肌の透明感がすごい ・骨格が可憐 鼻筋が芸術 健くんの輪郭落ちの三宅担になれる

・手の甲の筋が男らしい お辞儀した時の首筋白い 髪の生え際すらかわいい 唇がすごいピンク

・健くんどの角度でどんな距離から見てもきれい。すごい。下から見上げてても美しいってすごくないか。健くんの輪郭担になる。

・めちゃめちゃかっこいいのにふとした瞬間が美人 目がくりくりかつギラギラ 最高

・健くんほんとお顔がかわいいのはみなさんご存知の通りなんだけど手が男らしくてときめく。血管…血管が見える…!!!!

・健くん頼むから何でもいいからいつ何時も幸せでいてくれ

といった感じです。

見終わったときには人と人とのつながりってなんなんだろうってこととか、あの世界での幸せは何だったのかななんてことを考え続けていました。
余談ですが帰りの飛行機で音楽シャッフル再生してて東京事変の落日が流れてきたときめちゃめちゃしんどくなりました。
ジョージに思いを馳せて聞いてみてください。しんどくておすすめです。

健くんのファンとしては「健くん;;;;幸せに生きて;;;ずっと幸せでいてね;;;」という気持ち。
もう切なさでいっぱいになってしまって物語のみに留まらず健くん個人に対しても切ない気持ちになる。
健くんには一生、できる限り楽しく穏やかに幸せに笑っててほしいよ!!!なんでもいいから笑っててほしいんだよ!!それだけでいいんだよ!!!聞いてるかそこの週刊誌!!(突然喧嘩を売る)
 
 
 

!!!こっからネタバレありありの感想ですお気を付けください!!!

 

 
1回しか観られないことをふまえて原作既読で行きました。多分これは正しかったと思う。結末を知っててもラストが辛かった。知らなかったら1回じゃきっと飲み込めない。
でももし複数回見れたなら結末知らないまま見てみたかった気がする。
後半ずっとこれから迫ってくるラストのことを考えて悲しくなっちゃったし。
 
見終わったときの感想を一言で言うとしんどい。
しんどいよ〜〜めっちゃ引きずる〜〜こんなに泣いたの久しぶり〜〜!!!
健くんというか、ジョージの「一緒にいてほしいよ」って言葉が丸2日くらいずっとずっと離れなくてあれを思い出すだけで涙が出そう。一緒にいたかったんだよ…。
もうだめV6の中で楽しく笑ってる健くんが見れないと無理…。
 

〇ジョージ(と三宅健)についての感想
昔のアメリカの季節労働者のお話。農場を転々として日銭を稼いで暮らすような人たち。ジョージとレニーもその中の労働者で、どちらも身寄りはなく小柄で賢いジョージと大きく力は強いが頭の回らないレニーの二人で「小さな土地」を買って自分たちの農場を持つことを夢見ている。
 
原作読んだ時にはジョージは頭の切れる小柄で粗野な男って感じのイメージ。
序盤のレニーにまくしたててるとことかはレニーには怒りつつも諦めているってイメージだったけど、健くんのジョージはヤンキー。
面倒見のいいヤンキー。情緒が不安定でもあるヤンキー。
序盤のレニーにまくしたててる所はレニーの存在が本気で鬱陶しくてもどかしいんだろうなって。

レニーに馬乗りになってるとことかレニーにキレてベッド蹴ったりするとことか丸めた毛布片手でぶん回して上の段に置くとことか容赦なくビンタするとことかレニーにやっちまえ!ってけしかけるとことかその他もろもろ血の気の多い感じが三宅健のファンとしてはゾクゾクしましたね。
物語通して血の気の多いヤンキーなんだけど、ジョージは利口だからキレる相手は選んでる(でも結局キレる)って感じ。でもだいたい我慢するべきとこでもキレるときはレニーのためだったり二人の夢が妨げられそうだったりした時なんだよなあ。
 
1番初めに健くん声ちょっと枯れてるかな?って思ったけどあれだけ叫んでたらそうだわ…。舞台中、特に1幕の間は8割怒鳴ってましたね。
あと序盤レニーにキレながら麦を切り裂きまわる健くんの動きめっちゃキレがいい。さすがV6。
そしてさっきまでナイフぶん回してキレてたと思ったらレニーがちゃんと出来れば頭ポンポンするしレニーが1人で暮らす!って言ったらちゃんと一緒にいてほしいよって返すしジョージに普通にキュンとする。激しめのツンデレ(?) 
 
雑談みたいなとこではは、って漏れる笑いにたまに健くんを感じた。

・ビジュが良い

ジョージがレニーに大事なことを言い聞かせる時に毎回やるおててキツネがかわいい。あとキツネしてる健くんの手の白さがすごい。健くんの肌色美しい。真珠かな?
レニー役の人と並ぶと肌の白さ際立つ。なんなら宝塚の人と並んでも透明感張ってた。強い。手の骨格もきれい。

あと健くん「小柄で利口な男」の役がビジュアル的にハマるなあって思った。健くんのスタイルが元から動いてる人だから締まってるのもあって、背中とかが立ち姿が小さいんだけどちょろちょろしてるとかの小物感がなくて、ちゃんと小柄だけど頭の切れる男って感じの背中でした。かっこいい。
あと、ジョージはしきりに髪をガシガシするんだけどそれがまたかっこいいんだわ…。
いつもきっちりセットの健くんだけどのぐしゃっとなった髪を2時間半見られる幸せがあるよ!!!

衣装は昔アメリカの農場だからそれらしいチェックのシャツとデニムなんだけど、普通にお洒落でした。チェックが似合うなあ三宅健(39)は…。
髪色が明るめになってたのもあって完全に2列目から見ても20代に見えました。若者だった。
 
・ジョージの動作がかっこいい
 
カーリー(農場のボスの息子)が来た時レニーが目をつけられないようにベッドの向こうでうずくまるレニーと、その手前の柱で腕組んで静かにたってるジョージ。
ジョージめっちゃかっこよくない??レニーのことはったおしながら(時にはナイフすら向けてぶち切れながら)絶対守れる場所にいるんだよなあ…。

ジャニオタの心としては健くんのナチュラルに出てくる暴力にときめいた。そんな軽やかに殴れるんだね健くん~~!!♡♡
 
細かいとこだと、レニーが納屋から持ってきた子犬(ぬいぐるみ)を取り上る時にちょいちょいって子犬の顎の下を撫でるのがリアルだった。
三宅健を感じたのに加えてジョージとしても面倒みの良さが見て取れる…。好き…。
それと初めて農場でボスに会う時にレニーに喋らせないためジョージが前に出るとき、「じゃあやったるか」って感じで唇を親指で拭うのがさり気なくて大変にかっこよかった。

ジョージがちょっと下卑た話をする時の笑い方もかっこいい。ちょっと馬鹿にしたような感じのニヤって笑い方。
あけすけな、女を買う買わないみたいな話も会話として出てくるんだけど、こちら「女なんて金で買うのが一番だ!」などといった発言をする健くんになかなか興奮しました。

1幕はほとんど健くんでずっぱり。1時間半くらいずっと舞台の上でしゃべってたよすごい。 
健くんの声って誰にでも聞き取りやすいかと言われるとそうでもない…と思うので、舞台でははっきりと低めにしゃべり続ける(しかもジョージはしきりに怒鳴る)の大変。
でもセリフを噛んだっていうか詰まったってわかったところが舞台2時間半通して1回しかなかった。
すごい。役者さんとしては当たり前かもだけどすごい。
 
〇登場人物について
 
登場人物みんな生きてたなぁ。飯場(?)にいるときの農場のみんな楽しそうでかわいかった。
ものすごい悪人が誰もいないところがなんかまたなんとも言えないんだよね…。みんな人間臭いキャラクターだった。

ざっくり言うと
・ボス…金持ち。ボスの割にいい人。
・カーリー…ボスの息子。自分が小さいからでかい男が気に入らない。最近結婚したが奥さんが美人な上にふらふら男ひっかけそうでめっちゃ不安
・カーリーの妻…いいとこのお嬢さんだったが嫁いで来たら周りに何もなくてつまらないし暇。女優になる夢、華やかな暮らしへの夢が捨てられない。
・キャンディ…この農場で片手を失くして掃除夫になったじいちゃん。よく喋る。子犬のころから一緒にいる犬を大事にしている。
・スリム…ラマ使うのがめっちゃうまい。すごいいい人。そしていい声。
・農場のゆかいな仲間たち…みんな基本はおもろい人。(雑)

私の想像だけでは見えなかった細かいとこが沢山あってすごく全員が生きてるって感じられた。原作は読んである程度イメージはあったんだけど、舞台を見てからそれぞれがこんな人間だったんだ、こんな風に生きてたんだってくっきり見えた感じ。

全体的に(読み込み浅かったのもあるけど)登場人物の解釈が結構私の思ってたのと違ってて、でもすごくしっくり来た。むしろ想像していたよりも好きな世界だった。
セリフだけ見てたらうじうじしてるなぁとか思ってた部分も舞台でのセリフを聞くとああ、この人はこういう人でこう考えてるんだ。って納得出来た。
舞台の上で全員が生きてたからなんだろうな。
  
序盤のキャンディ爺さんめっちゃ癒し。かわいい、うん。
キャンディじいさんってもっと卑屈な感じっていうか、しめっぽいじいさんだと思ってたんだけどすごい朗らかでかわいいじいさんだったのが意外だった。
 
レニーがかわいい。
小説だけだとこんなにかわいい人だと思って読んでなかったな。
ほんとに「大きい赤ちゃん」だった。そしてレニーがかわいければかわいいほどラストが辛かった…。
 
何回も言うけどレニーがいちいちかわいいんだよなぁ…。いつか二人で暮らす「小さい土地」のことを、ジョージ話してよ!!ってはしゃぐレニーがほんと…ほんとかわいいし…。
ジョージがこいつは働きますよとか褒めてるとこでこっそりにやにやしてるのもかわいいし何かあるといつもジョージ!って呼ぶのジョージがほんとに好きなんだなってわかってかわいかった…いい子なんだよ…泣く…。
 
スージーばあさんの話するあいつかわいかったね。あの、なんだっけジョージのことジョニーって呼びまくるあの彼です。今ちょっと名前出てこない、なんだっけ。
 
スリムがあの世界で1人まじ聖人だった。あと声がとてもよかった…。
でもパンフレットに「怖い人だ」ってあった通り、みんな狭い視野で必死で生きてたあの世界で中立を保ってるのは不自然っちゃ不自然なのかもしれない。
常に全てのものから一歩引いてるような感じ。だからこそジョージもレニーに思うことをポロっと言えたのかもしれないけど。
ボスが比較的いい人だったりスリムがいたり、他もみんな基本気のいい人ばかりだったからいつもの農場よりもジョージは気を抜けていたのかもしれないね…。
 
途中のスリムにレニーの話をしてるジョージは表情がすごくかわいかった…。
笑い話みたいに話しててもジョージにはレニーが大切なんだなぁってすごくわかった…うっしんどい…。

ジョージにとってのレニーはお荷物でもあったし一緒にいれば賢く見えるって打算もなくはなかっただろうけど、そんなことよりもこの世界では、身寄りもなくて自分のものもなくてみんながみんなお互いを怖がっているような中、バカでも純粋で自分を慕ってきて何もかもすぐに忘れて笑ってるレニーはジョージの人間性を保ってくれる大事なものだったんだろうな。
馬鹿だなって言いながら愛してたんだよなあ。
 
ジョージ側から見ればカーリーの妻はただただ邪魔者なんだけど、カーリーの妻の言うこともわかるよ。…色目使うのはいただけないけども。
あと花乃まりあさんめっちゃ綺麗。喋り方が宝塚。控えめのトーンで話す時も綺麗に声が響くからすごいなぁと思った。
主人公側から見れば厄介だけどこの人もまあ気の毒といえば気の毒…というか中身が子供のままだったのかな。すぐムキになるとことか、レニーとお互い一方的に話してすごい楽しそうにしてるとことかを見るとそんな印象。

 ジョージとカーリーの妻ははなからバチバチしてたねぇ。でもなんかあの二人似てたしあんだけお互いぶつかり合える相手少なくともこの世界の中ではいなかったから、なんかこう、少女漫画ならくっついてるなこの二人って感じ(?)
  
カーリーの小物感がわかりやすくてよい。それに真正面から気に入らないって顔を向けるジョージがまたかっこいいんだ。

舞台で見ると衣装とか髪のセットとかで労働者とボス、その息子の階級っていうか暮らし方の差がはっきり見えて、あの時代あの世界でのその立場の差って大きいんだなーってわかりやすい。そういうカーリーにはっきりとではないにしても反抗心むき出しなジョージってやっぱり割と血の気が多い。
身寄りのない労働者の中でもあの振る舞いができるのはやっぱり結構頭が切れて一目置かれてたんでしょうね。レニーを扱えるってとこもあったかな。それにしても割とすぐさま喧嘩を売りたがるな君は…。

ジョージは賢くて現状が不満で、今を変えてやろうっていう気持ちが大きい。
もしもレニーがいなければジョージはまあ本人の言う通り上手いこと稼いでもうちょっと楽な仕事して女買って酒飲んで遊んで楽しく暮らして、それで今よりもむなしいままだったんだろうな。
頭がいいから人に心を開けないというか、基本打算で見ちゃう感じの人っぽいし。
そんなジョージがレニーといるのはやっぱり不思議なことだよね。レニーといるのなんてほぼプラマイで利点がないのに一緒にいたんだよなあ。
ほっとけなくて大切で、救われてたんだよなあ。
  
〇キャンディの犬の話

ラストにもつながる、もう自力で生きられないくらいによぼよぼでそれでもキャンディが大切にしていた犬の話。
農場の労働者の一人のカールソンがキャンディの犬の臭いに苛立っていて、生きるのもつらそうなんだから無理に生かさないで殺してやれ、俺が撃ってやると言って処分してしまう。

キャンディじいさんの犬がさぁ…つらい…。
カールソンはなんで犬の存在にあんなにも怒ってたのかって思ってたけど、
陽気にやってる中でも何度も言われるように労働者は孤独で鬱憤が溜まってて、そんな中で臭うって言ってるのに生きる意味がないように見える犬を生かすキャンディを見ていてイラついたのかな。

不毛なことをしているキャンディが理解できないし。共同生活の中での匂いは相当気になるとは思うし、そんな犬を連れてくるじいさんに苛立つのはもちろん犬自身がもう生きる力もないくらいよぼよぼでそれをする生かしていること、不合理なことをしている姿にも腹が立ってた。

身寄りがなくて日銭を稼いで週末にパーっと遊ぶみたいなことを繰り返してる労働者だから余計な手間を増やして無駄なことをしているキャンディが目障りだったんかなぁと思う。あときっと銃を使いたかったんですねカールソンは…。
そのくらいの理由で良かれと思ってくらいの勢いでカールソンは犬を始末したがったんじゃないかな。「存在しているだけでいい」っていうもののことをきっと知らなかったから。
そうそう連れ立って行動するようなやつらは多くない、「お互いがお互いを怖がっている」世界の中の話だったから、カールソンの感覚がきっと普通だったんだろうと思う。
  
ジョージが犬の話をキャンディの犬からそらそうとして声を上げてるとことか「うっこのヤンキー優しい…」ってキュンとするんだけど助け舟を出したのはその一度だけで、カールソンを強くは止められないのがまたなぁ…。
ジョージだけじゃなくてあの場にいた全員だけど…。雑誌持ち出したりしてカールソン止めようとしてくれた人もいて、カードいじって話をそらそうとして、それでもカールソンは収まらないし。
みんなカールソンの言うことはわかるんだよね。きっとなにやってんだこのじいさんとはみんな思ってて、でもキャンディが犬を大切にしてるのもわかってて見て見ぬふりをしていたことだったんだろうな。
  
そしてキャンディじいさんの犬の話出た後辺りからラストに向かってるのがわかってなぁ…。「自分で撃つべきだった」ってセリフが出た時にすでにラストを思い出してあぁ…って思った…。

そのあとじっとしていたキャンディが小さな土地の話に入ってきて夢の実現が見えてきて喜ぶジョージとてもかわいい。3人でそんな生活ができたらきっと楽しかったんだろうね。

キャンディもまた辛いんだよなあ。片手を失っていつまで働けるかわからなくてそれでも明るく、多分そういう不安や惨めさをごまかして暮らしてて、そしてジョージとレニーのようにキャンディには犬がいたんだよ。
その犬さえ失くして、でもジョージとレニーの二人が話す小さな土地に希望を見てまた起き上がったんだよなあ…。
ただ単に土地を持てるってだけじゃなくて、一人では何もできないようなレニーとジョージが一緒にいる姿にはきっとキャンディにとって「それでも生きていていいんだ」って希望があったし、悪意が全くないレニーと一緒にいることも安らぎがあっただろうし…。

「あの犬は自分で撃つべきだった」って言葉はラストの鍵なんだと思うんだけどさらっと、ふと思ったみたいに言われてたのが意外だった。
 
〇1幕終盤~ラスト
 
レニーがその力の強さからカーリーの妻を殺してしまって、ジョージがレニーを撃って幕を下ろす。

急展開のようでいて、1幕の終盤から伏線も不穏な気配も漂っていたと思う。
小さな土地の算段もたって、順調に進んでいるようでいて、なにかちょっとでも間違えると壊れてしまいそうな微妙な緊張感があった。このへんのもやもやした緊張は舞台ならではでした。
 
カーリーとの喧嘩で大きな赤ちゃんのレニーの恐ろしさが初めて見える。
カーリーに殴られながら何もできずに「ジョージやめさせてよ!」って叫ぶレニーも ついに「やっちまえレニーやっちまえ!」って叫ぶジョージもなんかこう、痛々しかった…。
言われるがままレニーはカーリーに反撃して手の骨を粉々にしてしまうわけだけども。

あそこで逃げられなかった、止められなかった、結局やってしまったジョージとレニーはやっぱり結局ああいうラストを迎えるしかなかったのかなと思う。
もしもレニーが逃げきれれば、力の加減ができれば、ジョージがあの場を収められたら、って思うけど無理なことだったのかなあ。
 
2幕の開始とかもう手が冷えてた…。だって終わりが見えるんだよ…。
 
黒人のあの人とのやりとりがコミカルでかわいかった。あそこで初めてレニーがジョージと一緒にいない場面なんだけど、あのなんつったっけ。ほんと名前出てこない。*2
あの黒人の人からされた「ジョージが帰ってこないかもしれない」ってたとえ話だけで椅子で殴りつけようとしてしまうとこで危うさがじわじわ見えてくるよね。ジョージはレニーを依存させすぎてしまったのかもしれないねえ…。きっとそれがかわいかったんだろうとも思うけど…。
 
最初は拒否してたのに結局自分の部屋にずいずいレニーにもキャンディにも上がり込まれる黒人さんかわいくて笑う。
ジョージの頭の良さと覚悟と、レニーの純粋さを見てたらあのひねくれてた黒人さんも夢を見たくなってたのがなんともまた…。
小さな土地の話をする3人が希望に満ちてて楽しそうでかわいくて、でも最後のことを思うともうこれ以上みんなのことを好きにさせないでくれ…!って思ってた。
そのまま小さな土地で幸せに暮らしてくれよ…。
 
ここでカーリーの妻がカーリーの手をやったのは誰なのか聞きに来て、レニー(というかカーリーに逆らえる男)に取り入ろうとする。気の毒といえばそうなんだけどね…。話し相手がほしかったのもそうだけど、気に入られたいというかちやほやもされたかったんだろうな。みんながカーリーを恐れて避けるからまたああやって悪化してたんだよね。
ボスが現れたとこで「ほらな」って心底諦めたように響く黒人さんの声がぞっとした。もう楽しい時間が終わるのがわかる…。
 
レニーが納屋で、殺してしまった子犬を隠そうとする場面が来る。
私ここでもう泣きそう。
子犬を殺したことよりもジョージに怒られる、ウサギの世話ができないってことで頭がいっぱいのレニーは悪い子ではないけれど本当にバカでなあ…。しんどい…。
 
そこに来るカーリーの妻はかわいくて美人で、すごく子供だった。
あんたって大きな赤ちゃんねって言うんだけど話してる内容あんまり変わらないからね!!平行線上で会話してるけど二人とも夢の話を一方的にしてる。
こんなとこでこんなことをしていたくないってみんなが思っててみんなが夢を見てみんなが諦める、そういう時代でそういう世界だったのかもしれない…。つらい…。
 
レニーが妻をあまりにあっけなく殺してしまう。
相変わらずジョージに怒られることしか考えていなかった。カーリーの妻をそのままにして最初の言いつけ通りに茂みに隠れに行ってしまった。
その時点でやっぱりもうきっとダメだったんだろうな。その感覚と力を持ったまま普通に暮らすのは限界だったのかもしれない。
 
キャンディが死体を見つけて、ジョージを呼んで。もうここからずっと泣いてた。
なんでこうなってしまったんだろうね。

無理だってわかっててもキャンディが二人でもいいから土地を買おうって縋り付くとこが気持ちはわかるけど無理だよやめなよって、なんか、怒りでもなくて、もうどうしようもない悲しさと諦めがこみ上げてきて、多分これを濃縮したのがあのときのジョージの気持ちだったんだろうな。
ジョージとレニーの、俺たち二人の土地だったんだよなあ…。

このままだと自分が関わっていると疑われるから、ってとこまであの状況でも頭は回るのに、レニーを閉じ込めておけないだろうかって言うジョージはあり得ないって自分でもわかってて、でも認めたくなくてそうやって提案してて、もうなんかもう…どんどんどこにも行けないって実感がわいてくるようで辛い…。
声を上げて泣いて、カーリーの妻の死体を罵倒するキャンディの気持ちもまたわかるよ…。誰も決定的に悪い人なんていないんだよ…。おいおい泣きながら人を呼びに行くキャンディも辛い。だってきっと犬を失ってしがみついた生きる希望だったのに。
 
スリムに改めてレニーを閉じ込めてはおけないかって提案するジョージが今までになく必死でなあ…。スリムにそうやって訴えてそれは無理だって言われるともういよいよどこにも道がない実感がわいてしまうな…キャンディの犬もそうだったけど…。
スリムはいつも正しいから意図せず終わりを宣告するようなところにいるね…。
 
〇最初の茂みで落ち合うジョージとレニー
 
もうここから先のジョージとレニーのやりとりが苦しくて苦しくて。

いつもと変わらない、なにもわかってないレニーと全部わかってしまっているジョージが最初とほとんど同じ会話をするんだよね。

ここでなんかさあ。舞台の上でも何度もジョージとレニーは同じ会話をしてきたけどきっともう何度も何度も何年もずっと昔からおなじ会話をしてきたんだなって思えて…。
健くんがジョージとしてこんな暮らしをしてこんなことがあったんだろうってことを書き出すって言ってたけど、そういう、子供のころからレニーと過ごした思い出があることすごく伝わってきたんだよ…。
 
「一緒にいてほしいよ」って絞り出すジョージに対してその言葉に無邪気にはしゃいでいるレニー。終わらせることをわかっているジョージとこの先も何も変わらないと思っているレニーが対照的で本当につらかった。
なんでこのままでいられないんだろう。一緒にいてほしいのに。このセリフが、この時の声が終わった後もずっとずっと頭から離れなかった。
 
いつもみたいに俺が一人ならどこにでも行ける!って怒鳴らないの?って言うレニーに「お前なんでも忘れるくせに俺の言ったことは覚えてるんだな」ってあきれたように言うジョージがレニーを見つけた後に初めて少しだけ笑うんです。
泣き声で笑うジョージの声が全部を伝えてくるんだよ…。ほんとにね…。そんなありえないこと覚えてなくていいのにね…。
 
レニーに最後に夢を語るジョージはすごく激しい。
文章だけで読んだら切々と語るのかなあと思っていたけど、怒鳴り散らすようにして「小さな土地」の話をするジョージはもうそうやって奮い立たせないとできなかったのかな。

「きっといいところだ」ってジョージが言ったとおりに、銃弾を受けたレニーは幸せそうな顔をしている。
銃声のあとに伸びあがるようにして笑顔のまま止まってしまったレニーは、あの時「小さい土地」に行けたんだろうか。
 
〇終幕
 
ここであっけなく突然舞台が終わる。喪失感についていけない。
最後は本当にきつかった。
そして健くんがレニーを何度も何度も繰り返し失ってることを思うと辛い…辛いよぉ…美味しい物とか食べて…あったかい布団で寝てください…。
舞台って体力的にもきついと思うけどこの舞台は精神面も削られそうだ…。
 
カーテンコールは4回あって、出てくるごとに健くんの顔がちょっとずつジョージから三宅健になってるようでちょっとほっとした。
3回目でレニー役の章平さんが健くんをお姫様抱っこしてて、ジョージとレニーに対する感情と健くんと章平さんに対する感情がごっちゃになって「うわああああかわいいいいいい!!!幸せに暮らしてえええええ!!!」みたいな気持ちで号泣しました。
 
めちゃめちゃ感情揺さぶられて考えさせられるいい舞台だったと思う。
しんどいしんどい言ってるけど見てる最中は農場のみんなとのやりとりとかすごく笑えたし、楽しい気持ちもたくさんもらった。(その分最後がしんどい)(まだ言う)
 
 
 
以前にSexyZoneの番組で中島健人くんにバレエダンサーの宮尾俊太郎さんが
「客席にいるとその人の命が削れてキラキラしたものが見えるんですよ。自分自身を全部かけて命の削れていって、その破片がキラキラ飛んでいくんですよ、それが見えた」
って言ってたことがあるんですよ。
私はこの言葉がすごく好きで、人を感動させるパフォーマンスをする人すべてに当てはまる言葉だと思ってて、今回の「二十日鼠と人間」でもまた、役者さん全員の、健くんの命を削った輝きを目の当たりにしました。
 
健くんはいつも命を削るようなきらめきを見せてくれるなあ…。
健くんの生身の部分をきっと永遠に知ることはないけど、健くんがいつも命を削って輝いて目の前に立ってくれていることと、与えてくれる感情は何があっても変わらないから私は健くんが一生好きです。

まじで健くんずっとずっと幸せに生きてね…。
こんなん私みたいなファンが言わなくても健くんは健くんらしく生きてるだろうけど、それでもやっぱり自己満足でいいから願ってたいんだよ!!!

もうほんと健くんいつでもどこでも何しててもなんでもいいから、いっぱいご飯食べていっぱい寝て楽しく笑って暮らしてくれ!!!大好きです!!!!!

*1:ゲイ、童貞、過去の女たちの元をまわるなどの三宅健をなぜ見なかったのか。

*2:カタカナダメなんですごめんなさいほんと

恋をするなら坂本昌行

これ2018年の標語に決定します。みんなで唱えましょう。せーの!

恋をするなら坂本昌行!!!!!!

声に出して読みたい日本語すぎる。テレガイPERSON様のセンスは最高ですね。

TVガイドPERSON VOL.73

 

 
V6最年長、今年47歳になりました坂本昌行
V6の我が自担は三宅健という絶対神なのですが年々思ってはいました。恋をするなら坂本昌行だと…。

趣味は料理、飼い犬の名前はぺちょ、凝り性でおでん鍋(コンビニにあるようなやつ)とか船盛りの舟とか買っちゃう、最近お裁縫にも手を出している、実家は八百屋で昔は誰もに恐れられるチンピラ、でも今昔のこと言われたらすぐごめんねぇって謝っちゃう、死ぬほど歌が上手い、野球もうまい、ピアノも弾ける、足が25mある、注目されるのが苦手で緊張しちゃう23年目のアイドル坂本昌行。そう、恋をするならこちらの坂本昌行

昨年坂本くんの描いた過去の作品たちがただそこにたたずむのみの美術館と化していたMgalleryが復活してからその思いは加速するばかり。こちら坂本くん連載中のブログですが毎週水曜昼の12時にかならず1問1答形式で返してくれるんですよ。坂本くんが、ファンの質問に!!

私の今のMgalleryのイメージは小さな美術館を改装して趣味で開かれたカフェです。あそこのマスターかっこいいんだって!なんてきゃっきゃとやってきたお嬢さんたちからずっと美術館開くの待ってたんですよと静かに尋ねてくるレディたちまですべてに平等に迎えて答えてくれるんです。そうですひげパーマの坂本昌行がです。そんな場所なんですよMgallery!!水曜お昼の憩いの場!!!

ほんとさぁ…この1問1答形式の坂本昌行恋するしかないから…。
私あれが始まってから坂本担生きてるのか心配。みんな週1で死んでるでしょ大丈夫??

もっと坂本くんのことを知りたい教えてというファン心が透けて見える質問をさらっとかわしたかと思えば予期せぬところでプライベートをさらけ出してきたり、メンバー(健くん登場率高い)に向ける暖かい視線を感じさせる言葉があったり。そしてほんわか日常会話を交わした最後には毎回さらりと心を打ちぬいてくる。その言葉の破壊力たるや。


坂本昌行語録をな〜、言いたいけど有料コンテンツだからな~!!月々たったの324円で全ジャニーズのブログを読めるJonney'swebで読めるんだけどな~!!どんなアーティストで登録しててもV6ページに飛んで白黒のシックなタイトル触るだけで坂本昌行の神髄に触れられるんだけどな~!!!!(ダイマ)

ポイントは赤いランプがついた撮影中カメラを向けられるだけでカミカミになっちゃうようなシャイな坂本くんがファンに向けてこっそりキザな言葉を言ってくれてるとこです。ストレートな甘さが刺さる。ブログの中の甘さで言ったら中島健人とも戦える。足も長いし。言動がミュージカルだし。

 

テレガイPERSONさんへ

キャッチコピーだけでこんなに楽しませてくれてありがとう超楽しい。
テキストお写真ともに楽しみにしてます。買います。

最後に言わせてください。

恋をするなら坂本昌行!!!!!!

いつか、いつか 少年の夢が

24時間テレビ完走おめでとうございます、お疲れ様でした。

なんかさ~~~~もうさ~~~~この気持ちなんて言ったらいいんだろう~~~!!!!!!
最後のSexyZoneの挨拶を見てからずっと気持ちが落ち着かないのでとりあえずブログを書いています。なんでだろう、なんかもう苦しい。愛に溢れた幸せな瞬間を目撃したはずなのになぜか胸が詰まる。
心臓がぎゅーっとなってうわー!!って叫びだしたい感じ。(言語野の死)

なんでこんなに苦しいんだろう。24時間テレビを見届けられてすごく楽しかったのに。

苦しいというか、今の感情はきっと寂しさに似ている。
だって5人のあんな姿見たことなかった。

マリウスの広い視野も聡ちゃんの笑顔の強さも勝利くんの繊細さも風磨くんの熱さも健人くんの愛も全部知ってた。全部みんなが持ってることは知ってたんだけど、初めてはっきり目に見えたんだよ。

SexyZoneはみんな年若いのに「アイドル」としての意識が本当に強くて、心の中身は透けて見えるけど表には出さないように思えていた。
それがあの日、初めてはっきりと全員がそれぞれの個人としての芯をむき出しにして見せてくれたように思えて、嬉しくて愛しくて、5人を好きでいることが誇らしかった。
そして、今までのSexyZoneにはもう会えないような気がした。

これは私の主観でしかない、私の中にいたSexyZoneの話だけど。
これまでのSexyZoneはもうそこにはいなかった。武道館の舞台でまっすぐに光を浴びる5人は、危なっかしくて小さいけれどアイドルとして強い鎧を着た少年たちではなかった。突如として集められて大人に言われてデビューした少年たちはもうとっくに自分の足で自分で選んだ道に立っていた。
SexyZoneというグループの少年時代の終わりを私は見たんだと思う。
きっとあの瞬間が健人くんの言う「SexyZoneのエピソード0」のフィナーレだったんだね。

5人の言葉はどれも心を震わせるもので、この24時間で得たもの、これからグループとしてそれを糧にしてもっとずっと大きな存在になることが伝わってきたけれど、中でも聡ちゃんが最後まで笑顔でいたいと宣言した通りにエンディングまでキラキラ輝いていた強い笑顔と、健人くんが「SexyZoneの中島健人」として初めて見せた涙が胸に刺さった。
聡ちゃんが笑顔を見せ続けたことも、健人くんが涙を見せることができたこともどちらもSexyZoneが強くなったことの証明だった。

SexyZoneはすごいスピードで成長していて、今見た彼らは次の瞬間には過去になっているから、追いかけるのが忙しくて楽しくて、いつも少し寂しい。
でも確実に昨日までのSexyZoneよりも今日からのSexyZoneが好きで、それよりも明日のSexyZoneが好き。

次に会えるときは絶対今よりもさらにさらに素敵なアイドルになってるんだろうなぁ。早く次のコンサート行きたいな~~~!!!!ていうかリぺコン見たいな~~!!ポニキャさんお願いしま~~~~す!!!!!!

いい平成最後の夏でした!!楽しかったね!!
今までのSexyZoneもこれから先のSexyZoneも愛してるよ!!!!

アイドル三宅健の永遠について

 

 

三宅健くん、39歳のお誕生日おめでとうございます大遅刻です!!!

7月2日の三宅健さん生誕祭にかこつけてあげようと思っていたのにいつの間にやら健タッキーCDデビュー日です。おめでとうございます。

MUSICDAYで初39歳の三宅健くんを拝見しましたが39歳の健くんもかわいい綺麗かっこいい最高。三宅健のターンは完璧にこの時代のチャンピオン。
そして音楽の日では熟年型新人アイドルとしてキャッキャしたかと思えばV6として貫禄のSPARKを披露してくれてしまってかっこよすぎて情緒が不安定になりました。
TBS様に足を向けて寝られません。

いつでもかわいい上にかっこいい最高のアイドル健くんは今年もお誕生日を迎えたわけですが、よく「変わらない」と言われます。ファンにもそれ以外の方にも。

着実に歳を重ねているのに時空を超えているかのように見える三宅健ははたして本当に変わっていないのかどうか。についての考察みたいな妄想みたいなものを書きます。

それに加えて個人的に「健くんは変わらない!アイドルの理想!」って(V6担でも他担でも)いう言葉を見るたび「そうだよねその通りだよね!!!」と思うのと同時に「そんな一言で言っていいのだろうか」ともにゃったりしてる部分があるのでそんな自分の気持ち整理も兼ねて「自分の見ている三宅健について書きます。
そうです私がこじらせオタクです。

※長いうえに9割個人の妄言だよ!!!※



V6 / Crazy Rays(49th Single)


こちらの先日発売されたV6の新曲、CrazyRays最高でした。*1曲調もダンスもかっこいいとかわいいのバランスが絶妙。中でも歌詞が好きです。桜井さんありがとう。

そして「永遠なんかにキョーミはないけど泣いたのさ」と歌いながらV6の中でにこにこ笑ってる健くんがもうほんとすごい、すごいかわいい!!!39歳でも40歳手前でも!!かわいい!!!!

健くんは歌詞の意味を大切にする人で、コンサートでも歌番組であってもその曲にあわせた表情をみせてくれるけれど、このCrazyRaysを歌番組で歌うときにはラストのサビでよく「泣いたのさ」と言いつつにこにこしていてそれがまたなんか胸に来る。

振り的にみんなで横並びになって楽しいね~ってだけかもしれないけど、世間一般から「変わらないね」と驚かれ続けて、メンバー内でも「健は変わらない」と断言されて、自身もまたアイドルとして永遠の存在であるかのようにふるまってくれる健くんが永遠を笑い飛ばしながら永遠を望む歌詞を歌うその笑顔から勝手に意味を汲んでしまう。

三宅健は変わっていないのか 

 

健くんは変わらないとよく言われます。

いつまでも若々しくて可愛らしい見た目はもちろん、6人の中で変わらない人は?と問われるとメンバーは長野くんと健くんを半々くらいで指す。最近は健くんの方が割合大目に感じます。

確か剛くんだったと思うんだけど、長野くんはみんなが変わらないように変わっていってるって言ってたのが記憶にあります。わかる。長野くんはV6の中で相対的に変わらないのに対して、健くんは「三宅健」として絶対的に変わっていないように感じる。

23年間一緒に仕事をしているメンバーが言うんだからこれは紛れもない事実なのだろうと思っています。
デビュー当時から今までずっと、メンバーと一緒にいる健くんの姿はスキンシップ過多でいつでも誰にでも絡んで楽しそうでかわいい。無邪気。かわいい。
具体例を挙げると今大事に育ててるサボテンそれぞれにメンバーの名前つけてるとことか。そんなの無垢すぎない?心根が少年すぎない??

そのほかA-stagioでの鶴瓶さんとのやりとりだったりこの3年間の滝沢歌舞伎での後輩との接し方も見聞きする限り、不器用で自由で人懐っこくてぶれない三宅健。かわいい。いつもかわいい。

でもそれはV6の中の、健くんの身近な人にとっての健くんで、
ファンの中や世論の中で年々アイドルの模範のように扱われていく三宅健という存在は昔と比べれば変わっているように思います。

■「アイドル三宅健」の変遷について

 2010年ごろ、V6の歴史から見ればごく最近ですが、私の好きになったばかりのころの健くんはかわいくて若々しくて自由で今と変わらないけど、こんなにも「ファンの気持ちに寄り添ってるアイドル」なんて代名詞みたいについてることはなかった気がする。

2010年以前の健くんは映像を追ってしか見られていません。
一応映像媒体はいろいろなものをいろいろな手で見たし、偉大な過去のレポやらなにやらを読んで勉強した*2から、憶測も入れつつ少しだけ過去を語るのを許してほしい。

(デビュー当時くらいのことを含めるとまた変わってくると思うのでその辺省略します。だってご本人が言うに「クソガキのころ」だからね!!
変化とかそういうのじゃないよね。成長前のことになってしまうので置いておきます。ちなみにクソガキだった健くんもかわいい。)

2010年前後の健くんから思ったことを中心につらつらいきます。
なんとなくだけど、2007年くらいでちょっとだけ健くんの打ち出すアイドル像が変わる気がする。

それまでもかわいい健くんではあったんだけど、「かわいい」の自覚をこの辺でより強めてるような。Voyagerコンの健くんとてもかわいいよね?それまでもかわいかったけどカメラアピールとかメンバーとの絡みにためらいがなくなっている気がします。言っちゃうと、この辺で「あざとさ」を手に入れている。これ褒めてます。

それと、髪型とかのビジュアル面の意識が強くなってるような。昔は肌が弱かった+ほったらかしがちで荒れたりしてたし、舞台を終えても(ファンからあんまり望まれてなくても)短髪黒髪続行したりしてますし。
まぁかわいいを売り出してても売り出してなくてもいつも健くんは果てしなくかわいいんですけどね。*3

2011年にまたちょっと変わる。
セクバニコンカップリングだらけ攻め攻めのセトリを組み、V6は踊ってこそでしょ論を健ラヂでぶち上げて、健くんが好きでみんなが求めてるであろうV6を表現しました。そこから周りの評価もまた変わったと思う。

健くんの好きだって言うV6とファンの望むV6が近かったから、健くんはファンの気持ちの代弁者だ!っていう風になっていく。このへんはSNSの普及していった影響もあるのかな。一時は健ラヂがファンの投書箱みたいになってました。多分それらの声を得て健くんは「みんなこれが好きなんでしょ?」芸を掴んでいきます。

健くん事実めちゃめちゃ上手なんですよね、みんなの望むものを察するのが。
元々感受性豊かで人の気持ちを汲むのがとても上手なんだけど、これ以降自覚して売り出すようになっていくように感じられる。

それから、立ち会えた現場ではないからあまり深くは突っ込めないけれど2008年の学級会事件からたくさんのファンの声と表現の仕方をより強く考えるようになったんじゃないかとも勝手に思っている。

2013年にはアウトデラックスではっきり口に出したように「アイドルという偶像」っていう概念に自覚的になる。

「悲しいほどにアイドル」*4に象徴されているけど、健くんは虚像とリアルの狭間で生きてる。虚像だけでもなくて生身のままでもない人。三宅健という人は虚像とリアルの間を駆け回っています。


■「みんな虚像なんだから」

 健くんは、今年の滝沢歌舞伎なんかでもたくさん言ってたけど、微妙なファンの心理を暴き出してメタ的な発言をすることで定期的に「アイドルは虚像」論を突き付けてくる。

もちろん「あなたたちがこんなに俺たちを好きだってわかってるよ!」っていう優しさでもあるんだけど、「君たちがこれがほしいってわかってるからやってるんですよ」アピールも入ってるというかなんというか。それがまた生々しくて微妙なとこを正確についてくるから全部バレてる!!ってちょっと背筋が伸びる気持ちになります。

そういう天邪鬼なとこも好きです!!!*5

もともとビジュアル面も内面も、アイドルとして健くんは比較的自由だった。むしろ自分のこだわりを通す人だったと思う。
それがだんだんとファンの望みに沿うようになっていく。きっと健くんの「こだわり」自体がだんだんと「ファンに寄り添うこと」が最優先になっていってくれたのかなぁ。ありがたいことです。

でもやっぱり健くん個人のこだわりはもちろんなくなったわけではなくて。
そのこだわりという個人の意思とファンの望むものに寄っていく自分との差異のすり合わせみたいな感じで健くんが口に出すのが「アイドルは虚像」ってことなんじゃないかなと思ったりします。

「みんなの望みに応えるのはもちろん自分のやりたいことだけど、それとは別に個人的にこだわりたい部分もあるんだからね!!アイドル三宅健は嘘ではないけど本当でもないんだよ!」っていう宣言みたいなものなのかなって。 

■一応の結論

以上のことをまとめると、やっぱり健くんは変化してきたんですよね。
ただ、健くんの変化は主に売り出し方、表現の仕方、自己プロデュースの方法であって、メンバーや身近な人が言うように、もともと持っているものはきっと全然変わらないままでいる。あえて言うなら「時代の流行も周りの反応もつかむ柔軟さ」ってとこが時と共に変わってきたし、意識的に変えてきたのかもしれない。

三宅健という人間性は変わらないまま、三宅健というアイドルの虚像は年々強く美しくなっている。
繊細で柔らかい三宅健人間性を変えないために、アイドルとしての三宅健が強くなっていった面もあるのかなと思っている。


健くんはいつも無邪気に見えるから(事実とてもピュアな人ではあるから)、今のアイドルとしてのビジュアルも言動も身近な人の中での自由さも、全てが自然に生きてきて、なるべくしてなったものだと勘違いしそうになる。
でもそれは健くんが持って産まれた部分もあるけれど、たくさんの目にさらされる芸能界の中で努力して保ってきたことであり、強みなんだと思っています。

健ラヂでの「キンプリのシンデレラガールは年を重ねて価値が増す論」*6を聞いて、健くんは「年を重ねても変わらずにいることには価値が付く」ことを自覚しているんだと改めて知りました。
いつまでも「シンデレラガール」と呼ばれることも素敵だけれど、いつになっても幾つになっても健くんは自分はアイドルだって言ってくれて、ファンから向けられる気持ちを理解してくれてるんだよなぁ。
だからこそ改めて、今ここにいる三宅健という存在に感謝したい。尊いね!!!! 

というわけで、三宅健は今も昔も変化を重ねていて、当たり前だけど永遠の存在ではない。「普通の少年で男の子」です。「変わること」こそ当たり前で自然な流れです。
だけど、健くんは今、アイドル三宅健として「変わらないこと」もサービスの一つとして与えてくれていると思う。ならばそれをファンとしてしっかり受け取っていたい。
だからこそ、アイドル三宅健のファンにとって健くんは永遠です。

■アイドルとその中身

こんなに書いておいてなんですが、ここに書いたことなんてもう全部妄想です。私が感じた「なんとなく」の部分を勝手に深読みしただけの妄想。妄想どんだけ書いてるんだって話です。怖い。

アイドルは虚像だから何が本当かなんてわかりません。なんなら知らないだけで本当に三宅健は細胞の一つも変わらない妖精かもしれないですしね???
三宅健は妖精ではないなんて一介のファンである私には証明できない。だってあんなに綺麗でかっこよくてかわいいし。実は妖精ですって言われたら納得する。そういうこともあるよね。あるある。

脱線しました。
何が言いたいかって言うと本当の姿がどうであれ、今アイドルとして立つ「三宅健」が私は大好きです。
今のアイドルとしての姿を保っていてくれて、意識を持っていてくれて、アイドルとしてファンの前に立っていてくれていることに感謝したいし、その与えてくれる全部を信じていたい。

たとえこの姿が虚像であっても、私たちは実像から出た光を結んで虚像を見ています。
だから、私は私の目に映るアイドルの三宅健も、一つも知らない「三宅健」という人間も大好きです。

 

 ■おわり

 長かった!途中で自分が何を言いたいのかわからなくもなりました。あと考えすぎてて我ながら気持ち悪い。
でも下書きに埋もれさせるのももったいない精神で上げることにします。
とりあえずなんでもいいから三宅健という存在が好きです!!!!!!!!!って話でした。

なんかちょっと重苦しく書いちゃったけど健くんは変わらない部分も無自覚なとこの方が多いとも思いますし、自然に変わっていく部分もあります。当たり前です。
でも多少なりともファンのためを思って保って変わらずにいる部分もあるんだろうなと思うとより一層感謝の念が強まるよねって思いました。

まぁあるがままに生きてる健くんもファンのためを思って作り上げられてる健くんも全部好きなんですよ結局。

今日はKEN☆Tackeyデビューシングル発売日です。健くんの保ってきたアイドル像がまたひとつ実を結んだ結果でもあります。
人見知りな健くんがV6の外で楽しそうにしてる姿がとても新鮮で嬉しい。タッキーさん*7Jrの皆さんどうもありがとう。
そして今ならなんと全種購入するだけで顔面ルーブル美術館な男たち健タッキーをVRで見られちゃう。ありがたい!!!
あと個人的にめでたいのはセクゾサマパラ2017も今日発売という点です。楽しみが津波のように襲ってくる。

何はともあれ今日も明日も自担に感謝して生きていきたいと思います。
生きるの楽しい!!

*1:公式YouTubeありがたい。

*2:ブログなどで過去レポを書いてくださっている方々ありがとうございます。

*3:言わないと気が済まない。

*4:2010年Ready?収録の健くんのソロ曲。ほぼ「三宅健」のキャラソン

*5:言わないと気が済まない。

*6:2018年6月11日放送回

*7:滝沢秀明様どう呼べばいいかわからない